スィーツバイブル

~あなたのみことばは、私の上あごに、なんと甘いことでしょう。
蜜よりも私の口には甘いのです~

すべての人を不従順の状態に閉じ込めた理由

こんにちは~

ご無沙汰しております。長い長いお休みを頂きました。

お読みくださっている皆様にはご迷惑をおかけして、大変失礼致しました。

スィーツバイブル、再開させて頂きます。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


さて、早速ですが、今日もスィーツな聖書のみことばをご一緒に味わい楽しみましょう。

今日の聖書箇所はローマの信徒への手紙11章32節です。



―――――――― 今日のみことば ――――――――


神はすべての人を不従順の状態に閉じ込められましたが、それは、すべての人を憐れむためだったのです。




―――――――― 今日のお勧め ――――――――
  


前回の復習をしましょう。

前回の箇所は30~31節で、私たち異邦人信者についての箇所でした。

私たち異邦人信者は、かつては不従順でした。そして本来は神様から遠い存在で、滅びに向かう存在です。

しかし、神様の選びの民であり、神様との契約が堅く結ばれている民であるイスラエル人が不従順になったため、神様は、旧約聖書で全く啓示されなかった教会、つまり私たち異邦人クリスチャンを憐れまれ、救いへと導かれたのです。

これはある意味、計画外のことです。

それと同じように、今は不従順の中にあるユダヤ人をも神様は憐れまれ、後の時代、民族的に全員救われます。

これが神様の壮大なご計画です。

これを受けて、パウロはこの32節を記しました。




では、もう一度、この32節を見てみましょう。

神はすべての人を不従順の状態に閉じ込められましたが、それは、すべての人を憐れむためだったのです。

ここに出てくる「すべての人」ですが、これは世界中にいる全ての個々人という意味ではありません。

そうではなく、「イスラエルも異邦人も」という意味です。




前回、私たち異邦人は不従順の中に生きていたという話をしましたよね。

これ、今も継続されているんですよ。

だって、私たちは神様の憐れみによって、恵みによって救われましたよね。



でもまだ多くの異邦人は救われていません。未だ不従順の中にいるのです。


そしてイスラエルも同じです。

ユダヤ人の中で、イエス様をメシアとして受け入れ、十字架と復活の福音を受け入れた人は、今、起こされています。

このことを聖書では「残された真のユダヤ人」と表現しています。

これをメシアニック・ジューというのです。



メシアニック・ジューの人たちが確かに今、イスラエルの国にいます。

しかしあくまでも少数派で、未だ大勢はイエス様を拒否し続けています。

そう、不従順の中に入れられているのです。




パウロはそんなイスラエルと異邦人を「不従順の状態に閉じ込めてしまわれた」と言っています。

そうですよね。それは全部私たちが悪かったので、私たちの責任です。


これがパウロの時代であり、そしてこれは今の時代でもあります。




さて、この32節の後半を御覧ください。

それは、すべての人を憐れむためだったのです。


これ、凄いことだと思いませんか?

確かにユダヤ人も異邦人も未だ不従順の状態に閉じ込められているようです。

彼らはその中で、罪にもがき、自分の力でどうにかしようとやっきになっています。


でも、神様はこのことをもしっかりと受けとめられ、すべての人を憐れまれ、御自分の恵みを表すための機会として用いてくださるのです。




神様のご計画、それは壮大であり、私たちには計り知れません。


神様の最初のプラン、それは契約の民であるユダヤ人を救うことです。

だから、ユダヤ人のメシアとしてイエス様が来られました。



福音書をよく読んでください。

イエス様は最初、ユダヤ人に「神の国は近づいた」とメッセージを語り、彼らを励ましました。

もしそこでユダヤ人がイエス様を受け入れたなら、そのまま千年王国に入ったことでしょう。

もちろん、イエス様が十字架にかかられ、墓に葬られ、三日目に復活する必要があります。

おそらく、ローマ帝国がイエス様を反逆罪か何かで十字架刑にしたことでしょう。

これが当初の神様のプランでした。




ところが、そのプランが狂ったのです。

何故かというと、当のユダヤ人たちが自分たちのメシアを拒否したからです。



そこで、千年王国が来るまでの間、プランが変更され、異邦人の救い、つまり「教会」が誕生したのです。

これは最初からの計画ではなく、途中から組み込まれたものだったのです。




でも、神様はユダヤ人たちを決して決して見捨てたり、見放したりしていません。

これは是非覚えておいてください、神様の契約は今もユダヤ人に対するものです。教会ではありません。

もし、ユダヤ人がイエス様を拒否したから、頑なに神様を拒否したから救いの計画を異邦人に変更するとしたら、これは恐ろしいことです。

何故かというと、私たちも何時救いが奪われるかわからないからです。


聖書はきちんと字義通りに、そして文脈を大切にして読まなければいけないのです。




こうやって、神様は異邦人、そしてユダヤ人を救うご計画を持たれています。

でも、これもユダヤ人と異邦人が不従順の中に閉じ込められたから、恵みがわかったのです。

不従順の中に閉じ込められたから、自分の力ではどうしようもないということがわかり、信仰と恵みによって救われるという世界が初めてわかるのです。


だから、神様がイスラエルと異邦人を不従順の中に閉じ込められたということ、その裏にはこんなに大きな御思いがあったのです。




神様の御心は私たちには計り知れません。

そしてその御心の中で、今も私たちは生かされているのです。

そして同じ神様が一人ひとりに対してもまた、御心を持たれています。

それは私たちには図りしれないことです。




私たちの人生はいろいろなことがあります。

涙を流したり、悔しさに唇を噛みしめることもあります。

もちろん、喜びにあふれること、幸せを感じることも有ります。



でも、その背後には私たちの想像を遥かに超えた神様の御心があるのです。


今日、神様に信頼しませんか。そして主の御心にお委ねするのです。

その状況のどまんなかで、主は深くあなたを慰めてくださいます。


祝福を祈ります。キリストの愛を込めて。。。。


応援の意味も込めて下のバナーをクリックしてください

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ





☆★☆★

今、このブログ「スィーツバイブル」の内容をメールマガジンで登録してくださった方々に毎週土曜日に発行しています。


もちろん今日の記事の内容についてのメルマガも発送しました。今日の記事の内容についても書いています。

下のメールマガジン発行サイトから、お好きなサイトの名前をクリックしてください。すると登録サイトにつながります。

登録サイトに送り先のご自身のメールアドレスを入力して、登録ボタンをクリックしてください。

ぜひぜひ登録をしてください。よろしくお願いします。

まぐまぐ!   メルマ!   めろんぱん   カプライト


それとHFJメールマガジンサービスでも書いています。

こちらはクリスチャン専用のメールマガジンサービスです。

こちらを開いていただいて、15番を登録してくだされば、登録完了です。

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


またぜひぜひお友達や教会の方にも紹介してください。


どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


憐れみによる救いの意味

こんにちは~

今日もスィーツな聖書のみことばをご一緒に味わい楽しみましょう

今日の聖書箇所はローマの信徒への手紙11章30-31節です


――――― 今日のみことば ―――――

あなたがたは、かつては神に不従順でしたが、今は彼らの不従順によって憐れみを受けています。

それと同じように、彼らも、今はあなたがたが受けた憐れみによって不従順になっていますが、それは、彼ら自身も今憐れみを受けるためなのです。



――――― 今日のお勧め ―――――  


今日の箇所、読んで「なるほど!」って思われた方はいらっしゃいますか?

多くの方が「?????」ではなかったのかなと思います。

この箇所、文脈を無視して、ここだけで見ると非常にわかりにくいです。

それだけ難しい文章ですね。

でも、とっても大事な内容が書かれていますので、ご一緒にこの箇所を味わい、ここからパウロは何を伝えようとしているのかを味わうこととしましょう。


ここで語られている内容、実は異邦人信者に語られています。

ですから、私たちにとっても大切な箇所であり、パウロが今、私たち日本人クリスチャンに語ろうとしているメッセージとして受けとめましょう。



さて、もう一度この箇所を見てください。

まず30節です。

あなたがたは、かつては神に不従順でしたが、今は彼らの不従順によって憐れみを受けています。

ここに出てくる「あなたがた」は異邦人クリスチャンです。

ですから、パウロはここで「あなたがた異邦人クリスチャンの皆さんは、かつては神に不従順でした」と言っているのです。

そうですよね。神様から離れ、契約の外にいた者たち、それが異邦人です。

私たち自身、振り返ってみると、本当にそうだなと思われることと思います。


30節の後半を見てください。

今は彼らの不従順によって憐れみを受けています。


「彼ら」とは誰のことでしょうか? そう、ユダヤ人です。

前回、学びましたよね。

ユダヤ人は神様に敵対しました。

そのおかげで救いが異邦人に及んだのです。


だから、ユダヤ人がイエス様の救いを拒否したおかげで、今、私たち異邦人は神様の憐れみを受けているのです。

今は「恵みの時代」と言われている時です。



本来、イエス様がユダヤ人のメシア、つまり救い主としてこの地に来られましたが、当のユダヤ人が拒否したので、彼らは裁きを受け、その40年後、つまり紀元70年、エルサレムが崩壊し、今に至るまで離散の民として世界中に散ってしまいました。

もし、その時イエス様をメシアとして受け入れ、歓迎したとしたら、おそらくそのまま千年王国となったことでしょう。



しかし、彼らは自分たちの王であり、救い主であるイエス様を拒否したのです。

彼らは公にイエス様はベルゼブル、つまり悪霊の力によって病を癒しているのだと宣言したのです。

その結果、回帰不能点に達してしまい、救いの道が教会、つまり異邦人信者へと移行したのです。


ですから、今、私たち異邦人クリスチャンは神様の憐れみを受けているのです。

でも、それは「憐れみを受けている」のであって、当然のことではありません。

これは絶対に忘れてはいけないことであり、初代クリスチャンたちは、そのことをしっかり受けとめていました。



では31節を御覧ください。

それと同じように、彼らも、今はあなたがたが受けた憐れみによって不従順になっていますが、それは、彼ら自身も今憐れみを受けるためなのです。

私たちクリスチャンが神様の憐れみによって救いの道が開かれましたが、同時に、ユダヤ人は不従順になり、救いのチャンスを逃してしまいました。


でも考えてみてください。私たちも本来、神様に対して不従順でした。

自分自身を振り返ってもお分かりいただけることと思います。

神様から離れ、自分だけが全てと思い込み、しかも人間を神としたり、占いなどに心開いたりしていた存在です。

そんな私たちが神様の一方的な憐れみによって救いに入れられました。

ということは、まさに「それと同じように」、ユダヤ人もまた神様の憐れみを受けるべき存在なのです。


パウロは私たち教会、つまりクリスチャンが救われたのは、ユダヤ人が妬みを持つためだと、そしてそのことによって一人でも多くのユダヤ人が救われて欲しいと言っています。


こうやって、私たち先に救われた者たちが、ユダヤ人のために祈り、伝えることにより、神様の壮大なご計画が成就されるのです。


まず、神様の憐れみ、一方的な憐れみを心から感謝しましょう。

私たちが救われたこと、それは決して当たり前ではなく、一方的な神様の憐れみによるのです。

それと共に、私たちはユダヤ人を愛し、愛の手を差し伸べ、彼らのために祈る必要があります。


ユダヤ人の個人的な友だちがいるという方は少ないと思います。

接点もないことでしょう。

でも、未信者と一緒になって報道に振り回されたり、怒りを持ったりするのではなく、神様の愛を、イエス様の十字架の愛を彼らが知り、受け入れる事ができるよう、そして彼らの必要のために祈ることは出来る筈です。

そしてたとえばユダヤ人伝道の宣教団体に献金をするとか、彼らのために祈るとか、そういうことも出来るでしょう。

そうやって、ユダヤ人を愛し、ユダヤ人と異邦人クリスチャンが一つとされること、それが神様の御心なのです。

共に祈りましょう!


祝福を祈ります。キリストの愛を込めて。。。。

でわでわ~



☆来週のスィーツバイブルは都合によりお休みさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承下さるよう、宜しくお願い致します。


応援の意味も込めて下のバナーをクリックしてください

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ





☆★☆★

今、このブログ「スィーツバイブル」の内容をメールマガジンで登録してくださった方々に毎週土曜日に発行しています。


もちろん今日の記事の内容についてのメルマガも発送しました。今日の記事の内容についても書いています。

下のメールマガジン発行サイトから、お好きなサイトの名前をクリックしてください。すると登録サイトにつながります。

登録サイトに送り先のご自身のメールアドレスを入力して、登録ボタンをクリックしてください。

ぜひぜひ登録をしてください。よろしくお願いします。

まぐまぐ!   メルマ!   めろんぱん   カプライト


それとHFJメールマガジンサービスでも書いています。

こちらはクリスチャン専用のメールマガジンサービスです。

こちらを開いていただいて、15番を登録してくだされば、登録完了です。

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


またぜひぜひお友達や教会の方にも紹介してください。


どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


絶対に取り消されない契約の締結

こんにちは~

今日もスィーツな聖書のみことばをご一緒に味わい楽しみましょう

今日の聖書箇所はローマの信徒への手紙11章29節です


――――――― 今日のみことば ―――――――

神の賜物と招きとは取り消されないものなのです。




――――――― 今日のお勧め ―――――――   



この箇所も、前回の箇所同様、わかりづらい箇所だと思います。


ですから、よく、ここだけを取り上げて、「私たちに与えてくださっている聖霊様の賜物は変わらないのですよ」とか、「神様への献身の召命は変わらないのです」と、私たちクリスチャンの個人的なことに対して語ることが多いように感じます。

でも、この11章の文脈を見ると、異邦人クリスチャンへの励ましの言葉では無いということはすぐにわかります。


では、この「神の賜物と招きとは取り消されないものなのです」とは、どういう意味なのでしょうか?

今日は、このみことばについて、ご一緒に学び、味わうこととしましょう。




前回の箇所、覚えておられるでしょうか?

福音について言えば、イスラエル人は、あなたがたのために神に敵対していますが、神について言えば、先祖たちのお陰で神に愛されています。(28)


イエス様はユダヤ人のメシアとして、約2000年前にこの地に来られました。

しかし、当のユダヤ人はといいうと、自分たちの教え、つまり口伝律法という、神様がモーセに与えてくださった律法に付け加えた言い伝えの独自の律法を守るため、イエス様の救いの御手を拒否しました。

彼らは何と、イエス様のなさった御業はぜ~~~んぶ「ベルゼブル」という悪霊によって、つまり、イエス様は悪霊の力によって奇跡を行ったのだと言ってのけたのです。

その瞬間彼らは、公に「イエスはメシア、我々が待ち望んでいる救い主ではない。それどころか、イエスは悪魔と関係のあるとんでもない男だ!」と宣言したのです。

そして、イエス様を十字架につけてしまいました。


理由は一つ、彼らの教えを拒否し、否定したからです。

その結果、彼らは神様に敵対した状態となってしまったのです。



残念ながら、これは今日においても同じです。

でも、同時に私たち異邦人にとっては恵みです。

それは、ユダヤ人がイエス様を拒否した結果、救いの道が異邦人へと開かれたからです。



しかし、ユダヤ人は決して神様から見捨てられたわけではありません。

それどころか、ユダヤ人は今も神様に愛されているのです。



28節の後半で「神の選びについて言えば、先祖たちのお陰で神に愛されています」とありますね。

「先祖たちのお陰で神に愛されています」、つまり、この先祖とはアブラハム、イサク、ヤコブというこの3人の族長のことです。

彼らのお陰で、未だにユダヤ人は愛され、受け入れられているのです。

どうしてでしょう?それは契約の故です。



契約と言っても、私たち日本人にはわかりづらい面もありますね。

政治の世界もそうですが、契約を交わしても、直ぐに破棄されることがあるし、どれだけの効力があるのかと、しかも、契約で愛すると言われてもピンと来ないかもしれません。



神様はアブラハムと契約を結びました。それを「アブラハム契約」と言われます。

その契約の条項は、アブラハムとその子孫たち、つまりユダヤ人に土地を与えるという約束、彼らを祝福するという約束、そして彼らを通して全世界の民を祝福する、つまり、ユダヤ人を通して異邦人をも祝福するという約束をされたのです。


当時の契約の締結は恐ろしい締結、命がけの締結です。

生半可な気持ちでは出来ないほどの締結です。



当時の締結の方法は、動物を二つに裂いて、道端にその裂いた動物を置き、真ん中にスペースを作ります。

そしてその間を契約を結ぶ両者が渡るのです。

そして、もし万が一契約を破ったりしたら、この裂かれた動物と同じように、あなたを殺し、真っ二つに裂くという、恐ろしい締結方法なのです。


そのやり方で神様とアブラハムは契約を結ぶこととなりました。

しかし、何と、アブラハムがその契約の締結のセッティングをした瞬間、激しい睡魔が襲い、眠ってしまいました。

その間に、神様の臨在だけがその動物の間を渡ったのです。

これでアブラハムと神様との契約は締結しましたが、契約を守らなければいけないのは神様だけで、アブラハム側は契約違反をしても、契約が破棄されることはないのです。

逆に神様が契約違反をしたら、裂かれた動物と同じ運命を辿るということです。


その契約、命がけの契約の故に、ユダヤ人がイエス様に敵対行為をし、神様に敵対しても、どんなに罪を犯しても、決してアブラハムとの契約が破棄されることはないのです。

そして、その物凄い愛で、今この瞬間もユダヤ人は愛され続けているのです。


アブラハム契約は、今この時代、2013年7月においても継続中であり、破棄されていません。


さて、今回の箇所の29節をもう一度見てみましょう。

神の賜物と招きは取り消されないものなのです。


「神の賜物」とは、この強烈な契約、アブラハム契約がもたらす祝福、彼らへの愛のことです。

つまり、アブラハム契約がもたらす祝福は絶対に取り消されないということです。


そして「招き」とは、神様の民族的選びです。

神様ご自身が選ばれた民族的選びは取り消されないし、変わらないということです。


ですから、神様の選びがユダヤ人から教会、つまり私たち異邦人クリスチャンに移ったなどということは絶対にありえません。


その愛で、ユダヤ人は愛されているのだということをここで言っているのです。

そう、この29節は、神様のユダヤ人への愛の証印と言ってもいいでしょうね。



イスラエルへの祝福は変わりません。

イエス様が再び来られる時、それはユダヤ人が民族的に悔い改め、救われる時です。

そして、千年王国に入るのです。



私たちもまた、彼らのお陰で、今救いの道が開かれています。

その恵みを感謝しましょう。

そして神様から愛され続けているユダヤ人のために祈ることです。



神様は彼らを愛されているのです。では私たちは彼らに対してとう対応しますか?

イスラエルのために祈ること、それは同時に私たちへの祝福でもあるのです。

祝福を祈ります。キリストの愛を込めて。。。。


でわでわ~


応援の意味も込めて下のバナーをクリックしてください

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ





☆★☆★

今、このブログ「スィーツバイブル」の内容をメールマガジンで登録してくださった方々に毎週土曜日に発行しています。


もちろん今日の記事の内容についてのメルマガも発送しました。今日の記事の内容についても書いています。

下のメールマガジン発行サイトから、お好きなサイトの名前をクリックしてください。すると登録サイトにつながります。

登録サイトに送り先のご自身のメールアドレスを入力して、登録ボタンをクリックしてください。

ぜひぜひ登録をしてください。よろしくお願いします。

まぐまぐ!   メルマ!   めろんぱん   カプライト


それとHFJメールマガジンサービスでも書いています。

こちらはクリスチャン専用のメールマガジンサービスです。

こちらを開いていただいて、15番を登録してくだされば、登録完了です。

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


またぜひぜひお友達や教会の方にも紹介してください。


どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


ぺんぎん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

今日のみことば


掛け軸(詩篇55篇24節)
ランキング
☆応援の意味を込めて下のバナーをクリックしてください。☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
記事検索
プロフィール

みのみの

みのみのです


こんにちは、はじめまして、みのみのと言います。
クリスチャンです。
詳しくはプロフィールページを御覧ください。

このブログでは、聖書のみことばをご一緒に味わい、イエス様を喜びenjoyするブログです。
ゆっくりとみことばを味わい、ご一緒にイエス様の似姿に変えられていければと願っています。

お問い合わせや励ましのメールは→こちら←から、或いはlivedoorの会員の方はlivedoorの会員用の→livedoor会員用のメール←からどうぞ♪

これからどうぞよろしく
お願いします(^-^)☆。
QRコード
QRコード
賛美
☆いきなり賛美が流れるのでお気を付けてください☆
尚、音楽を消したい場合は、下のプレイヤーの四角いボタンをクリックしてください。

月別アーカイブ
最新コメント
フォト蔵
タグクラウド
  • ライブドアブログ